三河の土壌とともに半世紀、良質の“土”を提供するために。


 愛知県豊田市の(株)豊田グリーンソイルでは、

三河地方で産出される黒土を用いて、畑の土づくりや土壌改良をサポートするために

家庭菜園、生産者の方、各種農業関連業者、造園・建設業者の皆様方へ向けて

さまざまな土を取り扱っています。

黒土や畑の土の写真

基本の土

土壌改良のページ

黒土・畑の土・山砂・クリンカアッシュ・堆肥

他各種資材

野菜の土や花の土や花壇の土の写真

花壇/植栽/野菜/花

腐植を有する黒土とバーク堆肥を主体に、糸状菌、放線菌、細菌が繁殖しやすい様に堆積し肥沃な土となる様に調整してあります。各種堆肥と腐植のミネラルが効果的です。

水稲育苗培土の写真

水稲育苗培土

三河地方で産出される黒土をベースに、焼成殺菌し、使いやすい粒状にしたもの。

腐植や、特にイネに必要とされるケイ酸を多量に含んでいるので、土の力が違います。

土の殺菌・滅菌・消毒の写真

蒸気殺菌・焼成土

弊社の技術の一つとして、土を焼くことにより病原菌を殺菌し土を粒状に造粒します。各種培養土の原料や蒸気消毒の簡略化に一度ご検討ください。


ブログ


お知らせ【特価情報】と【夏期休業】 (金, 31 7月 2020)
>> 続きを読む

STAY HOMEで出来ること!新型コロナウイルス環境下において (Wed, 06 May 2020)
>> 続きを読む

新年営業開始です! (Mon, 06 Jan 2020)
>> 続きを読む

代表挨拶


 私たちの住む東海地方は、粘土層が広がる“真砂土”地帯で、肥沃な土壌とは言い難い地方です。この花崗岩が主体である‟マサ土″と呼ばれる土の特徴は、水はけは良いが、水持ちに乏しく、肥料分を吸着する力も弱いうえ、固くしまりやすい(排水性〇 保水性△ 保肥性△ 通気性△)。山地では砂状である“真砂土”が河川を通って流れ出した先の平野には、粘土層となって広がり、排水性が難しい地帯が広がっています。

 

 しかし、我々の先祖は、畑や水田に適している土地を見つけ開拓し、近年では暗渠排水等大規模な改良工事を行い、作物栽培に適した土壌に改良し栽培を続けてきました。

 

 上記の通り、“真砂土”が大部分広がる東海地方ですが、沖積層という古くは1万年前から始まる地層には、過去の土壌侵食や河川の氾濫による影響で、有機物が堆積し、腐熟した肥沃な土層が一部広がっていて、貴重な天然資源として存在しています。

 

 日本各地には、様々な土の産地がありますが、流通の発達した現在であっても、土は重量物であるため運送費の占める割合が大きく、産地から離れれば離れるほど流通コストがかさみます。私たちは、愛知県で産出される土を用い、他の産地とは異なる、この地方唯一の土を“安価に”提供出来る様に長年努めて参りました。土を通して、地産地消やブランド化にある通り、その土地ならではの気候、風土、土壌で作られる高品質な作物の生産に少しでも携わることが出来ればと、この愛知県から明日の農業生産に貢献していきたいと思っております。

 

株式会社豊田グリーンソイル 天野堅次

土づくりアドバイザー(土壌医検定3級合格)/造園土木施工2級

会社について


黒土や畑の土の写真

取扱商品

弊社で取り扱っている商品の紹介をしています。

会社概要の写真

会社概要

代表の挨拶、会社概要、会社沿革についてはこちらをご覧ください。

お問い合わせの写真

お問い合わせ

商品についてのご質問や弊社へのお問い合わせなどはこちらのフォーム、もしくはお電話にてお問い合わせください。